卵子提供のメリット

妊娠の成功率が高めることができる

女性の中には何らかの原因で妊娠をすることができずに、不妊治療を行っている人も少なくありません。一口に不妊治療と言っても様々な方法がある中で、多くのメリットが得られることで注目を集めているのが卵子提供です。卵子提供とは、文字通り第三者から提供された卵子を体外で夫の精子と受精させて子宮に戻す出産の方法になります。他人の卵子を使用することに不安を感じる人も少なくありませんが、提供者は国の機関によって認められた人に限られているので問題はありません。卵子提供におけるメリットの一つに妊娠の成功率の高さが挙げられます。女性の卵子は年齢によって老化していくため、高齢になるほど妊娠が難しくなるのが実情です。卵子提供は20代の健康的で元気な卵子を使用して受精を行うことで成功率を高めることができます。

母体への負担や出産のリスクを減らすことができる

母体への負担が最小限にできるのも卵子提供ならではの大きな特徴です。不妊治療の選択肢の一つに体外受精という方法もありますが、こちらは成功率に対して体への負担が大きいのは否めません。その点、卵子提供であれば必要な施術も少なくて済むので、年齢を重ねた女性でも安心して利用することができます。気になる費用についても、卵子提供は体外受精に比べて費用の負担を抑えられるのが特徴です。そのほかの特徴として、妊娠から出産までの安全性と生まれてくる子供への影響があります。妊娠から出産までの間に気をつけなくてはいけないポイントの一つが流産です。卵子提供は流産の確率を大幅に下げられるのはもちろんのこと、出産後に子供が何らかの障害を持って生まれてくるリスクを大きく減らすことができます。