卵子提供の危険性

日本における卵子提供とは

卵子提供とは、あくまで医療という名目で第3者に卵子を提供することです。言い直すと、何らかの病気や身体の異常によって正常に卵子が出来ないために、第3者の卵子の提供をうけることを言い、提供を受けた卵子で人工授精を行います。夫の精子と体外受精を行い、妻の子宮に受精させた卵子をいれて妊娠・出産といった流れになります。日本では人工授精の症例が少なく法律も整備されていません。2003年に厚生労働省が卵子提供を受けての人工妊娠の方法をまとめ、条件付きで認められている程度になります。日本では論理的なことに加え、実施のためのガイドラインが整備されていません。そのため法律上認められている、アメリカなどの外国から卵子の提供を受けることが多いようです。ちなみに日本の産婦人科学会は、第3者の卵子を使っての人工授精は認めていません。

卵子を提供する側される側にもリスクは潜む

卵子提供のドナーとなる側は、多くの卵子を提供したい方も多く、医薬品を使用し無理をして排卵を誘発させて卵子を採取する、といった方法が取られたりするので、卵巣過剰刺激症候群といった病気へのリスクがあるでしょう。提供される側のリスクは、全くの他人の卵子・精子を体の中にいれるので、免疫の拒絶を起こし急に容体変化を起こすリスクがあります。また医療機関の調べで、人工授精での妊娠時は早産や癒着胎盤が通常妊娠に比べ起きる危険性が高いことが分かっています。また人工授精は、不妊治療の最後の砦と言われており、人工授精を選択される方は、高齢出産となる方が目立ってきます。高齢妊娠になると、人工受精時のリスクの早産や癒着胎盤以外にも妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病といった病気にかかるリスクも上がりますので、しっかりとリスクを把握して決断することが重要となってきます。